トップ > お知らせ一覧 > 補助事業で「機能表示食品」開発事業を採択 大阪市
補助事業で「機能表示食品」開発事業を採択 大阪市

2015.09.14 更新

機能性表示食品の開発

 

大阪市はこのほど、「大阪市イノベーション創出支援補助金」の

採択案件を決定したと発表した。

機能性表示食品開発に向けた事業などが採択された。

 

同制度は、市内に事業所のある企業と連携する大学を対象とし、

事業化に向けた取り組みに補助を行い、共同研究を加速させるのが目的。

 

大学の優れた技術の掘り起こしを狙う。

5月に申請を受け付け、審査の結果、8件を採択した。

 

「機能性表示食品開発に向けた薬草抽出物『益智1号』の認知機能改善作用の検証」

(研究代表者:大阪市立大学・富山貴美氏)を採択。

モデルマウスを用いた検証を通じ、認知症を予防する機能性表示食品の開発を目指す。

 

ページトップへ戻る