トップ > お知らせ一覧 > メタボリックシンドロームってなに?
メタボリックシンドロームってなに?

2015.09.15 更新

要注意!その内臓脂肪

 

あなたは定期健康診断や、医療機関でお医者さんから以下のことを

言われたことがありますか?

 

□コレステロール値が高い

□中性脂肪が高い

□HDLコレステロール値が高い

□血圧が高い

□血糖値が高い

 

これらの項目に複数該当する方は、その原因として

あなたの「脂肪」が深く関わっている可能性があります。

脂肪には、付く部位によって、内臓脂肪と皮下脂肪の2つがありますが、

実は内臓脂肪がその犯人として考えられているのです。

 

高脂血症、高血圧、糖尿病などの生活習慣病は個々に発症するのではなく、

実は「内臓脂肪」の蓄積が大きく関与していることがわかってきました。

内臓脂肪の蓄積により生活習慣病が発症した状態を「メタボリックシンドローム」といい

この状態を放っておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを

招きやすいため、内臓脂肪が蓄積している方は、とくに注意が必要です。

 

内臓脂肪は蓄積しやすいですが、燃焼もしやすいので

ジムに通うなど特別なことをするのではなく、

街中がジムと考えて、毎日少しずつ工夫してこまめに身体を動かしましょう。

歩いたり、階段を使ったり、こまめに運動を!

腹八分目でバランスよく!間食は控えましょう!

 

ページトップへ戻る