トップ > お知らせ一覧 > 日常生活で見られる初期のBPSD(認知症の行動・心理症状)の具体例①
日常生活で見られる初期のBPSD(認知症の行動・心理症状)の具体例①

2015.10.02 更新

①妄想

 

●「大切なものが盗まれた!」と言って、お嫁さんを疑う。

 

こんな様子が見られます。

1.「大切なものだから誰にも見つからないようにしないと」といって財布をタンスの中に隠す。

2.しばらくして買い物に行こうと思い、支度を始めるがいつもの場所に財布がない。

3.「ない、ない、ここにもない・・・」 探すが隠した場所を思い出せない。

4.旦那に「泥棒が入ったのかもしれない、財布がなくなっている」と言い出す。

 「泥棒なんて入らないだろう」と言われる

5.「泥棒じゃないってことは・・・あの人が盗ったんじゃないの?」とお嫁さんを疑う。

 「おい!自分のお嫁さんになに言ってるんだ!」

 

■対処法

話題を切り替えましょう。

妄想が強くなっているときは、いくらご本人に「泥棒などは入っていない」、

「自分は盗っていない」と説明しても、聞き入れないことがほとんどです。

まずは、できるだけこの話題から意識をそらせることが大切です。

上記の例の場合は「後で一緒に探すから、ちょっとお茶にしましょう」と言って

一回休憩できる時間をもってはいかがでしょうか。

さらに、妄想が向く相手(お嫁さん)と距離をとるようにします。

 

ページトップへ戻る