トップ > お知らせ一覧 > 「+10」実践して、健康寿命を延ばそう②
「+10」実践して、健康寿命を延ばそう②

2015.11.03 更新

毎日のちょっとした工夫で「+10」を実践しよう

10分体を動かすといっても、10分間ずつずっと動かし続けなくてもかまいません。

たとえばエレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、

車をあえて遠いところに駐車する、リモコンを使わずにテレビのところまで歩いていき、

テレビ本体で操作する、といった時間を足していき、トータルが10分程度になればよいのです。

 

そのほかにも、掃除機をかける、洗濯ものを干す、雑巾がけをする、草むしりをするといった

日常生活の中で積極的に身体を動かしてもよいですし、

ウィンドウショッピングや散歩でもOKです。

可能であれば、スポーツクラブや運動施設などでの、

いわゆる運動や筋肉トレーニングも取り入れましょう。効果はさらにアップします。

 

まず一日の中でいつ、どこで、どのようにすれば10分多く体を動かせるかを考えてみましょう。

「このときにできそうだな」と思ったら早速、実行に移しましょう。

ただし、体調が悪いときは無理をしないこと。

なお、病気や痛みがある場合はかかりつけ医や薬剤師などにご相談ください。

 

ページトップへ戻る