トップ > お知らせ一覧 > なぜ調剤にそんなに時間がかかるの?②
なぜ調剤にそんなに時間がかかるの?②

2015.11.10 更新

二重三重の確認作業を行います②

 

次に飲み方を記入した袋(薬袋)を作成し、処方せんとあっているかどうかを確認します。

これらの作業を終えて、ようやく調剤に取り掛かります。

 

何種類もの薬が処方されていて飲み忘れや飲み間違いの心配がある方の場合、

医師の指示のもと、1回服用分ずつまとめて分包することもあります(一包化)。

 

嚥下障害などで錠剤をそのままの状態で服用できない方には、

同じように医師の指示に基づいて、錠剤を粉砕したり、

カプセル錠を開封して調剤することもあります。

 

調剤にかかる時間は薬によって異なります。

そのため、受付の順番と薬をお渡しする順番が前後することがあります。

調剤が済んだら薬を薬袋に入れますが、ここでもう一度、薬の包装に破れがないか、

異物が混入していないか、数量は間違っていないかなどを確認します。

これで、薬をお渡しする準備が完了です。

 

・・・続く

 

ページトップへ戻る