トップ > お知らせ一覧 > インフルエンザの予防接種はお済ですか?①
インフルエンザの予防接種はお済ですか?①

2015.11.12 更新

ワクチンの予防接種には発症を抑えたり、重症化を防ぐ効果が

 

インフルエンザが気になる季節になりました。

毎年12月から3月ごろにかけて流行し、

日本だけでも年間数百万~1000万人前後の人がかかるとされています。

 

インフルエンザ予防対策の基本はワクチンの接種です。すでにお済ですか?

私達の体内には、ウイルスや細菌などの異物が侵入してきたときに

それらを攻撃して排除しようとする免疫の仕組みが備わっています。

 

その一つに、1度目にかかったときはその異物について学習し、

2度目にかかったときは抵抗するという獲得免疫があります。

インフルエンザワクチンの予防接種は、この獲得免疫の仕組みを

利用したもので、接種したものと同じタイプのインフルエンザウイルスが

体内に侵入したときに、増殖を抑えることができます。

 

インフルエンザワクチン接種にはもう一つ、大きな効果があります。

インフルエンザにかかると、通常は1週間程度で回復しますが、

中には重い合併症を起こし、時には生命に危険が及ぶ場合があります。

インフルエンザワクチン接種は、発症した際の重症化を防ぐことが期待できます。

 

ページトップへ戻る