トップ > お知らせ一覧 > 寝たきりと健康長寿の分かれ道④
寝たきりと健康長寿の分かれ道④

2015.11.30 更新

食事、運動、受診、健康長寿の道へ

 

痛みの悪循環から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。

ポイントは「食事」「運動」「受診」の三つです。

食事は1日3食バランスよく食べるのが基本です。

肥満傾向にある方は食べ過ぎに注意しましょう。

 

一方、痩せすぎも問題です。

栄養不足はロコモを助長してしまいます。

また、運動器を作る栄養素を摂る対策も良いでしょう。

骨であればカルシウム、筋肉であればタンパク質を摂ることです。

関節痛に悩んでいる方は関節軟骨を構成するグルコサミンなどの栄養素も良いでしょう。

 

最近では炎症を抑える栄養素も注目されており、サプリメントも存在しています。

運動は継続的に行うことが大切です。

筋トレはもちろん、ストレッチで骨や関節をほぐすことも忘れずに。

その上で、痛みが気になる方は整形外科の受診を。

単なる腰痛・ひざ痛ではなく、病気が隠れている可能性もあります。

 

医師の指導のもと対策を行うことで効率よく、つらい症状を緩和することができます。

さあ、健康長寿の道へ。できることから始めましょう。

 

ページトップへ戻る