トップ > お知らせ一覧 > 水虫 File①
水虫 File①

2015.12.07 更新

女性にも増えている水虫

 

水虫というとムズムズとたまらないかゆみに苛まれそうなイメージがありますが、

実はなかにはかゆくならない水虫もあり、感染していても、

気が付いていない人が少なくありません。

 

水虫は白癬菌というカビの一種が原因となる感染症で、

日本人の5人に1人がかかっているといわれています。

 

白癬菌は皮膚の角質に含まれる「ケラチン」というたんぱく質を好むため、

足の裏や指の間などにすみつき、炎症やかゆみを引きおこします。

 

また白癬菌は高温多湿な場所で繁殖しやすいため、

長い時間靴を履き続けたようなムレた足は、絶好のすみか。

そのため、8時間以上革靴を履き続ける営業マンなどに多い病気と言われていました。

 

ところが最近は、ブーツのようにムレやすい靴を好んで履く女性にも水虫が増え、

患者の男女比にはそれほど大きな差がなくなってきたといわれています。

 

ページトップへ戻る