トップ > お知らせ一覧 > お尻から足の後ろ側が痛い! 坐骨神経痛の疑いが!②
お尻から足の後ろ側が痛い! 坐骨神経痛の疑いが!②

2015.12.25 更新

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが原因

 

坐骨神経痛を引き起こす代表的な原因には、

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアや

腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、変形性腰椎症、

お尻にある梨状筋(りじょうきん)という筋肉が坐骨神経を圧迫する梨状筋症候群などがあります。

 

また、がんが骨盤や脊椎に転移したり、骨盤や脊椎そのものにがんが

発生したりして坐骨神経痛が現れることもあります。

 

1~2週間たっても痛みが治まらなかったり、だんだんひどくなるような場合は、

早めに医療機関を受診し、原因を突き止め、適切な治療を受けることが大切です。

 

ページトップへ戻る