トップ > お知らせ一覧 > お尻から足の後ろ側が痛い! 坐骨神経痛の疑いが!③
お尻から足の後ろ側が痛い! 坐骨神経痛の疑いが!③

2015.12.28 更新

薬物療法や運動療法などで痛みを改善

 

検査には、問診のほかに、足を持ち上げたりして神経の状態や

障害の程度を調べる理学所見、エックス線検査、MRI検査などがあります。

これらの検査で診断が確定したら、その原因に応じた治療が行われます。

 

坐骨神経痛を改善する治療法には、薬物療法や運動療法、温熱療法などがあります。

痛みが強い場合には、痛みの元になっている神経に直接麻酔薬を注入する

神経ブロック療法が用いられることもあります。

 

こうした治療でも痛みが軽減しない場合や歩行障害などがある場合には手術が検討されます。

また、正しい姿勢を保ったり、同じ姿勢を長時間続けないなどを心がけることは、

坐骨神経痛の軽減や予防につながります。

 

なお坐骨神経痛をはじめとした神経痛についてわからないことがあるときは、

薬剤師にお気軽におたずねください。

 

ページトップへ戻る