トップ > お知らせ一覧 > 減塩生活①
減塩生活①

2015.12.31 更新

1グラムから体が喜ぶ減塩の効果

 

■1グラムの減塩でも、健康維持に効果が現れることがわかっています。

減塩で得られる効果の一部をご紹介します。

 

1.高血圧だけじゃないさまざまな疾患予防に

 

塩分の摂り過ぎでリスクが高まる病気の代表例は高血圧です。

血圧が高い状態が続くと、脳卒中や心筋梗塞など、

深刻な病気につながります。

また骨粗しょう症も塩分の摂り過ぎでリスクが高まります。

減塩を意識して、さまざまな疾患の予防を目指しましょう。

 

2.気になるむくみ解消に

 

塩分を摂り過ぎると、体内では塩分濃度を一定に保つために水分量を増やします。

むくみが起きるのはこのせい。この状態が続くと、代謝が落ちてやせにくくなるとも

いわれています。

 

3.胃がんリスクが低下するという報告も

 

胃がんはがんの中でも男女ともに発症数が多いがんの一つ。

国内の研究では、塩分摂取量が多い男性は胃がんリスクが高いという結果に。

予防のためにも減塩を心がけましょう。

 

■塩分を多く摂りやすい食生活チェック

 

減塩生活をスタートする前に、普段の食生活を振り返って

次の8項目をチェックしてみましょう。

普段の塩分摂取量をもっと詳しく知りたい方は、

食事のときに使える塩分濃度系や、尿で前日の塩分摂取量を

測れる測定器を利用するのもよいでしょう。

 

1.みそ汁やスープを一日二杯以上飲む

2.漬け物、梅干しなどがないとご飯が食べられない

3.外食することが多い

4.市販の惣菜やインスタント食品をよく食べる

5.麺類のスープは半分以上飲む

6.魚の干物や塩鮭などの塩蔵品をよく食べる

7.調味料を料理の上からかけて食べる

8.おかずを食べる量が多い

 

1つでも思い当たることがある人は、次回紹介する減塩生活を意識してみましょう。

ページトップへ戻る