トップ > お知らせ一覧 > 冬のぽかぽか養生食④
冬のぽかぽか養生食④

2016.01.19 更新

簡単ぽかぽか調理術

 

調理の工夫で体はもっとぽかぽかに。ちょっとひと手間加えてみましょう。

 

 

①とろみをつけて保温性アップ

 

体を温めるには、食べる物自体が温かいことも重要です。

とろみをつけると保温性が上がり、冷めにくくなります。

片栗粉を上手に活用しましょう。

とろみがあると味を感じやすくなるので、

薄味調理でもおいしく食べられるというメリットも。

 

 

②からだを温める薬味をプラス

 

香辛料の多くは体を温める働きがあります。

代表的なものはカレー粉やシナモンです。

また、唐辛子と比べて胃腸に負担が少なく、温め効果のある山椒もおすすめです。

七味唐辛子の代わりにぜひ山椒を試してみてください。

 

 

③体を冷やす野菜は加熱しよう

 

体を冷やすとされる食材でも、熱を加えることでその作用が弱まります。

健康のためにたくさん食べたい野菜は加熱して食べましょう。

スープの具材や蒸し料理にすれば、かさが減っても量をたくさん食べられます。

 

 

ページトップへ戻る