トップ > お知らせ一覧 > 予防とケアでみんなの花粉症対策①
予防とケアでみんなの花粉症対策①

2016.02.08 更新

予防のために知りたい花粉の気持ち①

リープ薬局の健康情報花粉症画像1

花粉症の予防、対策のために、まずは花粉について知りましょう。

 

■仲間が全国で、年中活動してるよ

スギ、ヒノキの春の花粉症(2~5月)の他にも、

5月以降のイネ科、秋のブタクサ、ヨモギなど、花粉は年中飛散しています。

花粉症と縁のなさそうな北海道では、シラカバが原因で症状が出ることも。

 

■ちょっとのすき間も見逃さないよ

マスクをつけるとき、すき間があるとそこから花粉が入ってきてしまいます。

鼻からあごまでしっかり覆い、鼻やほおのところにすき間ができないようにしましょう。

外出時はマスクのほかにも、メガネや帽子などで、花粉から身を守りましょう。

 

■いたずらしやすいのは、疲れた人かな。

アレルギー疾患の一種である花粉症は、免疫力と深く関係しています。

寝不足などで疲れていたり、生活習慣が乱れていると症状が出やすくなります。

規則正しい生活を心がけて、花粉に負けない体づくりをしましょう。

 

【食事】

免疫細胞の約6割は腸内にいるといわれています。

ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品や発酵食品、食物繊維が豊富な野菜や海草など、

腸によい食品を積極的にとりましょう。

 

【運動】

適度な運動は免疫力を高めます。

屋外での運動が難しい花粉シーズンは、室内でラジオ体操やストレッチをしたり、

事務に通うなどして運動不足にならないように注意しましょう。

 

■晴れの日は、風に乗ってどこまでも

花粉は最高気温が高く、風の強い晴れの日や、雨が降った翌日に多く飛散します。

天気予報やインターネットの花粉情報をチェックして、

飛散量の多そうな日は外出時間や服装に注意しましょう。

 

 

ページトップへ戻る