トップ > お知らせ一覧 > 予防とケアでみんなの花粉症対策③
予防とケアでみんなの花粉症対策③

2016.02.12 更新

花粉シーズンを快適に!症状別セルフケア①

リープ薬局の健康情報花粉症画像3

 

■目の場合

--------------

・かゆみ

・腫れ

・充血

--------------

どんなにかゆくても、かいてはダメ。

炎症が悪化することがあります。

 

①コンタクトレンズよりもメガネで過ごそう

 

目に花粉やごみが入ったときには涙が洗い流してくれます。

しかし、コンタクトレンズをしているとうまく洗い流せないことがあります。

また、目薬によっては、コンタクトレンズ着用時は使えないものもあるので、

この時期はメガネの利用がおすすめです。

 

②かゆみを抑える冷タオル

 

かゆみがつらいときは、冷たい水で絞ったタオルで冷やしましょう。

冷やすことでかゆみが楽になるといわれています。

効果は一時的なものなので、薬などと合わせて実践しましょう。

 

③目をしっかり休ませよう。

 

花粉によって目の炎症が起こりやすいこの時期は、普段以上に目を労わる必要があります。

パソコン作業をするときは、1時間作業したら15分ほど休憩をとりましょう。

スマートフォンやテレビの見過ぎにも要注意。

 

④目薬のさし方、選び方

 

目薬をさすときは、必ずを手を洗ってからにしましょう。

下まぶたを軽く引くとさしやすくなります。

さしたあとは、1~5分、目を軽く閉じて目頭を押さえましょう。

目薬を使うタイミングや回数は、種類や成分によっても異なるので、

医師、薬剤師の説明のとおりに使ってください。

 

◆~知っておきたい目薬の4つのNG~◆

 

1.さした直後にまばたきをする

さした直後にパチパチとまばたきをすると、

目薬が流れ出てしまいます。

 

2.容器の先をまぶたやまつ毛につける

まぶたやまつ毛について花粉や目ヤニなどが

逆流して、目薬の汚染につながります。

 

3.ほかの人の目薬を使う

ほかの人の目薬は合わなかったり、まつ毛に触れて

汚染されている可能性があります。

 

4.古い目薬を使う

開封から長期間経った目薬は目を傷める危険性が。

使用期限を確認しましょう。

 

 

リープ薬局メニュー1

リープ薬局メニュー2

リープ薬局メニュー3

リープ薬局メニュー4

リープ薬局メニュー5

リープ薬局メニュー6

ページトップへ戻る