トップ > お知らせ一覧 > 眠りの知恵袋④
眠りの知恵袋④

2016.03.14 更新

眠り上手のための12の知恵

 

■睡魔と闘う知恵袋

仕事中や勉強中に突然襲ってくる睡魔を少しでも撃退したいときに

 

⑤15時までなら昼寝も有効

体内リズムの関係で、昼過ぎは眠気を感じやすい時間帯。

そんなときは昼食後に計画的に昼寝をしてしまうのも手です。

ただし仮眠をとるなら20分程度。15時までに。

それ以降は夜に眠気がきにくくなって寝つきを悪くする原因になります。

 

⑥眠気が和らぐ手、顔のツボ

突然襲ってくる眠気をどうにかしたい。

そんなとき、どこでもできるツボ押しを試してみましょう。

----------------------------------------------------------------------------------

【晴明(セイメイ)】

目頭のやや上、鼻のつけ根にあるツボ。

親指と人差し指でつまむようにして鼻のほうに押します。

 

【労宮(ろうきゅう)】

手を握ったときに、中指が手のひらにあたるところにあるツボ。

反対の手の親指で押します。

 

【合谷(ごうこく)】

親指と人差し指のまたの間、2つの指の骨が接する部分のすこし人差し指側。

反対の手の親指で押します。

----------------------------------------------------------------------------------

 

⑦カフェインは集中力アップの味方

眠気覚ましに飲む人が多いコーヒーに含まれるカフェインは、

脳を活性化させて集中力を高める働きがあります。

カフェインはコーヒーのほか、緑茶や紅茶、ココア、

ダークチョコレートにも含まれています。

摂り過ぎると動悸やイライラが起きることがあるので注意。

 

⑧冷やして体を目覚めさせる

眠気が生じているときに効果的なのが、体を冷やして緊張状態をつくること、

手を洗ったり、保冷剤で首、脇の下、足のつけ根を冷やします。

これらの部分には大きな血管が通っていて効果的に体を冷やせます。

 

ページトップへ戻る