トップ > お知らせ一覧 > 眠りの知恵袋⑥
眠りの知恵袋⑥

2016.03.16 更新

眠り上手のための12の知恵④

 

■自分なりの眠りをつくろう

睡眠は個人差が非常に大きいので、自分に合った眠り方を見つけることが大切。

自分だけの眠り探しをしてみましょう。

 

●8時間睡眠は必要?

必要な睡眠時間には個人差があり、「何時間眠らなければいけない」

という思い込みは、かえって眠りをの質の低下につながることも。

若い頃よりも睡眠時間が短くなったという人も大丈夫。

重要なのは、今の生活で日中元気に過ごせる睡眠時間を確保することです。

 

●睡眠日誌で快眠リズム

布団に入った時間、起床時間、その日の体調や眠気の有無などを

記録する「睡眠日誌」をつけることで、どのくらい眠れば調子よく過ごせるか、

見つけやすくなります。不眠等で睡眠外来などを受診する際も貴重な情報になります。

 

●タオルでお手軽オリジナル枕

2枚のバスタオルで自分に合った枕がつくれるかもしれません。

1枚目は縦、横に1度ずつ折って、4つ折りに。

首に当てる部分を10cm程度に折り返し、それをさらに半分に。

もう1枚は4つ折りや3つ折りにして、高さを調整します。

※あわないと感じた場合は、使用を中断してください。

 

 

■元気レシピ

◇おからのあんスコーン◇

 

○調理時間:35分

○エネルギー:約120kcal(1個)

○塩分量:約0.1g(1個)

 

●夜食にも安心の低カロリー

---------------------------------------

夜遅くまで起きていておなかがすいてきたときや、

おなかがすき過ぎて寝付けないときなどに

おすすめの食物繊維たっぷりの低カロリースコーンです。

おからは豆乳を絞った残りの部分ですが、

食物繊維のほか、カルシウム、たんぱく質も摂取出来ます。

 

●材料(5個分)

・小倉あん----100g

・バター-------30g

・おから-------120g

・牛乳---------適宜

 

●作り方

①ボウルにバターを入れてゴムべらでなめらかにし、

クリーム状になったら小倉あんとおからを加えてよく混ぜる。

②記事がまとまってきたら取り出し、2cm厚さにして直径5cmくらいのコップなどで丸く抜く。

生地がまとまらない場合は牛乳を大さじ1~2加え混ぜる。

③180℃に熱したオーブンで20~25分焼く。

 

 

ページトップへ戻る