トップ > お知らせ一覧 > 夏のレジャーを安全に楽しもう②
夏のレジャーを安全に楽しもう②

2015.08.25 更新

暑さや強い日差しへの対策

戸外で長く過ごすときは、こまめな水分摂取を心がけましょう。

大量の汗をかくと水分だけではなく塩分も失われるので、塩分も併せて摂るようにします。

めまいや吐き気など熱中症と思われる症状が現れたときは、涼しく安全な場所に移動して、

衣類を緩めたり、濡らしたタオルを体に当てたりして体温を下げるとともに、

水分と塩分を補給します。

 

戸外でのレジャーで忘れてならないのは、紫外線対策です。

海水浴や登山などで強い日差しを浴びるときは、

SPF30以上、またはPA++以上の日焼け止めクリームを顔や腕、首の後ろなど、

肌が露出している部分に丁寧に塗ります。

服でこすれたり、汗をかくと効果が薄れてしますので、2時間を目安に塗りなおしましょう。

ページトップへ戻る