トップ > お知らせ一覧 > ドロドロ血液をサラサラにする方法とは?①
ドロドロ血液をサラサラにする方法とは?①

2015.09.02 更新

脳卒中が認知症につながる?

 

下記の項目に当てはまるものが多いほど要注意!

 

◆脳卒中を起こしやすい人チェック◆

□60歳以上である  

□味付けの濃いものが好き

□運動不足である 

□脈が乱れることがある

□高血圧である   

□脂っこいものが好き

□ストレスがたまっている  

□太っている

□脂質異常症である    

□味見をせずに調味料をかけることが多い

□ゆっくり休めない 

□お酒をたくさん飲む

□糖尿病である   

□果物を食べることが少ない

□完璧主義者である  

□たばこを吸う

□家族や親せきに、脳卒中にかかった人がいる

□野菜をあまり食べない

 

脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血がおこる脳卒中。

推定患者数は137万人と言われています。

一度大きな発作が起きると亡くなることもありますし、

麻痺や言語障害が後遺症となり、リハビリを余儀なくされる場合もある恐い病気です。

 

さらに、アルツハイマー型認知症に次いで患者が多い「脳血管性認知症」を

誘発することもあります。この認知症は徐々に進行するのではなく、良くなったり、

悪くなったりを繰り返しながら進行するため、周囲は大変に戸惑います。

自分が苦しむだけでなく、家族が苦しむことになってしまうのです。

 

介護を必要としない「健康寿命」を長くするためにも

脳卒中にならないために生活習慣を完全することが大切です。

 

明日はサラサラにする方法を詳しくお伝え致します。

 

 

ページトップへ戻る